21世紀型スキルを学ぼう!

プログラミング キッズ 子供 スクール レゴ レゴスクール レゴクラス

※株式会社ブレグランスはレゴ®クラスとしての認定を受けており、レゴ社が開発したカリキュラムと教材を導入しています。

※実習テストを通過したレゴ®クラストレーナーが指導にあたります。

コードクリエイター

カリキュラムについて

当教室ではレゴ®エデュケーション アフタースクールプログラムのコードクリエイターカリキュラムを開講いたします。

レゴ®エデュケーション アフタースクールプログラムではWeDo 2.0ソフトウェアにそってレゴ®WeDo2.0基本セットを用いています。

WeDo2.0カリキュラムで生徒はプログラミングのコンセプトを学びます。このコンセプトは生徒の生活にとって重要な構成要素となっています。機械やコンピューターがどのように情報を処理するかを理解することは、子供の頃から発展させるべき貴重なスキルです。重要な点は、生徒たちにこうした論理的な考え方に取り組ませ、そしてまだ理解していないことに向き合わせることです。

コードクリエイターカリキュラムによって、生徒達は生活の中で創造性に育み、何かに一生懸命になったり、積極的に取り組んだり、好奇心を培っていきます。

WeDo2.0は実践的かつ楽しい学習を通して実生活での問題に対しても自信を持って質問したり、答えを見つける助けになるでしょう。

 

 

プログラミングをもっと身近に

コードクリエイターのレッスンでは、プログラミングと物作りを通して、考える力と考えたことを表現する力を育てることを目的としています。

プログラミングは私たちの生活にかかせないものになってきました。

プログラミングを行うことと、それによって動く物を連動させて考えることはとても重要であり、子供達のこれからに必要な活動となります。

コードクリエイターは、ワクワクとドキドキをいっしょに、論理的に考え、表現し、様々なことに疑問をもち、知らないことを探求する力を子供達に提供するカリキュラムです。

 

主な学習内容と高める力

1.実験・観察・設計・モデリング

2.実社会と科学技術を関連して考える力

3.プログラミングの概念

4.コラボレーションとプレゼンテーションのスキル

5.論理的思考と問題解決力

 

指定教材

レゴ社が開発したカリキュラム専用のテキストとWedo2.0というソフトウェアを使用致します。

ご入会時に指定教材とワークブックをご購入頂きます。

これは、お家で続けようの課題実践のために必要な教材です。「お家で続けよう」はレゴエデュケーションの教育プロセス、4つのC「Connect(結びつける)」「Construct(組み立てる)」「Contemplate(よく考える)」「Continue(さらに続ける)」の4番目の「Continue」の発展として、ご自宅で実践いただく活動になります。

教室内で行ったレッスンを、ご自宅にて少し違った視点で行っていただくことで、レッスンの振り返りや新たな発見、気づきが生まれ、学びを深めることが出来ます。

開講にあたり

株式会社ブレグランス 代表取締役

崎山 浩一郎

(コードクリエイター講師)

 

慶應義塾大学理工学部電子工学科卒業後、新卒で金融機関に入社し、主計システムの保守・開発を担当。

その後、IT系の会社を経て、前職の株式会社リクルートマーケティングパートナーズを卒業後、株式会社ブレグランスを設立。

スポーツと教育を融合し、世界の様々な舞台で活躍する子供達の教育を目指す。

 

「今まではスポーツを中心とした教室の展開を行ってきましたが、今後さらに必要性が増すプログラミングの魅力を子供達に伝えていきたいと考えていました。その様な中、レゴ®エデュケーションのコードクリエイターの存在を知り、関係者と話を進めていく中で、教育方針に強く共感し、ブレグランスへの導入を決定致しました。」

ブレグランスが、このコードクリエイターで目指すことは、子供達の「プログラミングの概念の理解」にとどまらず、「STEAM教育の実行※」と「21世紀型スキルの獲得」です。

STEAM教育という呼び方よりもSTEM教育の方が有名ですが、これはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)にArt(美術)を追加し、頭文字をとったものです。

21世紀型スキルの獲得はレゴ社でも大切にされており、Creativity(創造性)、Communication(コミュニケーション)、Collaboration(コラボレーション)、Critical Thinking(論理的思考)、Innovation(イノベーション)、Problem Solving(問題解決力)が上げられます。

 

私たち大人が想像も出来ないような発展をとげていく未来を生きる子供達には、「自分たちで問題を見つけ、自分たちでその問題を解決していく力」を身につけてもらうことがとても重要になってきます。